~音楽で、安全な水を世界の子どもたちに!~
第9回チャリティアジア歌謡祭

結果発表

[名称]第9回 チャリティ アジア歌謡祭
[会期]2010年4月18日(日) PM1:00(開場)PM1:30?PM4:30
[最優秀賞]モンゴル/娜仁「小さな黄馬」:陸広林(馬頭琴演奏)
[優秀賞]インド/PREETI SETH「TUJHME RAB DIKHTA HAI, YAARA MEIN KYA KAROON」
 日本/前田 孝子「彩花」
 日本/池知 夏未「I WILL ALWAYS LOVE YOU」
[特別賞]タイ/WASSANA YOMTARN「GIEN NA MIIMAI」
 ネパール/DHONGOL CHIVA&HIRACHAN SONU「SUNKO BHAU」
 インドネシア/PTIGA(ROFIT IBRAHIM、佐々木宏美、岩本象一)「WALANG KEKEK」
[敢闘賞]パキスタン/尾崎アーミル沙奈亜「THE ROSE」:正一郎(ギター)
 日本/岡本 久弥「裏窓」
 フィリピン/REEVES CECILLE「PAANO KITA MAPASASALAMATAN」
 

主旨

地球上の4億人以上の子どもが安全な飲み水さえ手に入れられず、その結果、毎日4,000人以上の子どもが単純な下痢性の病気で命を失っている…… とても残念ですが、これが悲しい現実です。アジアの友好と平和を願って活動を進めてきた本会では、2010年も「アジア歌謡祭」を開催し、子どもたちへの支援活動を強力に進めているユニセフ(国際連合児童基金)のキャンペーンに協力することになりました。日本人とアジア各国の代表が自慢の歌を披露して友好と理解を深めながら、ユニセフを通じての募金に協力し、アジアの平和に寄与しようと考えております。 当日はアジア各国の紹介コーナーも予定しております。アジアの平和と繁栄を願う皆さまのご支援ご協力をお願いします。

NPO法人 関西アジア人協会
会長 相馬達雄

概要

[名称]第9回 チャリティ アジア歌謡祭
[会期]2010年4月18日(日) PM1:00(開場)PM1:30?PM4:30
[会場]ドーンセンターホール(大阪府立女性センター)
大阪市中央区大手前1-3-49
[交通]京阪・谷町線「天満橋駅」1番出口から東へ約350m(徒歩5分)
[入場料]1,000円(税込) 中学生以下無料
チケットは当日会場にてお買い求めいただけます。
[主催]NPO法人 関西アジア人協会
[後援]大阪府、大阪市、財団法人 日本ユニセフ協会 大阪支部
[友情出演]STS沖縄アクターズスクール、日本中国水墨画協会、
呂英華韓国伝統芸術院、日本伝承殺陣連盟「瓏蓮者(Ron ren ja)」
[協力]テレビ大阪、USEN
[ゲスト]OSAKAままん寺尾仁志 with human note
[プログラム] ・ユニセフへの募金贈呈式 ・歌の競演 ・韓国舞踊
・中国水墨画実演 ・お楽しみ抽選会 他
[お問い合せ]電話:06-4700-4740
 

祝辞

大阪府知事 橋下 徹

「アジア歌謡祭」が今年も盛大に開催されますことを、心よりお祝い申し上げます。

今回で第9回を迎えられたこの「アジア歌謡祭」は、アジア各国からの参加者が母国の歌を通じて友好を深めるとともに、その収益は国際連合児童基金(ユニセフ)が行っている「安全な水を世界の子どもたちに」キャンペーンに寄付されます。世界には今なお不衛生な水環境に苦しんでいる子どもたちがたんさんおり、そうした子どもたちに皆様からの温かいお気持ちが届くことを心より願っております。

本事業の開催に向けご尽力された相馬会長はじめ関西アジア人協会の皆さま、そして全ての関係者の皆様に深く敬意を表しますとともに、会場に響き渡る素晴らしい歌声が、大阪・関西とアジア各国を繋ぐ友好の架け橋となりますことを祈念いたします。


大阪市長 平松 邦夫

「第9回チャリティアジア歌謡祭」が盛大に開催されますことを心からお喜び申しあげます。

国際連合児童基金(ユニセフ)の「安全な水を世界の子どもたちに!」キャンペーンを支援して開催されるこの歌謡祭は、安全な水さえ手に入れることができない子どもたちについて、市民が理解と関心を深めるために大きな役割を果たし、また、各国の歌と踊りを通じて、アジア諸国の友好交流の進展に貢献しています。相馬達雄会長をはじめとする関西アジア人協会の皆様、開催に力を尽くしておられる皆様方に深く敬意を表する次第であります。

皆様方には、大阪・関西とアジア諸国の相互理解と友好親善のため、さらなる活動の推進を図られ、今後ますます活躍されますよう期待申しあげます。

「第9回チャリティアジア歌謡祭」が大きな成功を収められますよう、また、皆様方のご健勝とご多幸を心からお祈り申しあげまして、お祝いのことばといたします。


歌と水でアジアの心を一つに

衆議院議員 中野 寛成
(音楽議員連盟・会長)

「第9回アジア歌謡祭のご開催に敬意を表しご盛会をお祝い申し上げます。

歌は心の糧、水は生命の糧です。特にアジアは歴史の長さと多様な文化によって、世界の精神文化の聖地でもあります。

経済的には欧米に若干のおくれをとりましたが、心の豊かさにおいては、まさに世界のリーダーです。

今あらためてアジアの心を一つにして、世界の平和と地球環境を守る先頭に立ちたいものです。

内外で大活躍される相馬達雄先生を中心に関西アジア人協会が益々大きく充実発展されますようお祈り申し上げます。


前衆議院議員 中山 泰秀

第9回チャリティ『アジア歌謡祭』が関西アジア人協会の主催と大阪府・大阪市・日本ユニセフ協会大阪府支部の御後援により盛大に開催されますことをお慶び申し上げます。

関西アジア人協会の相馬会長をはじめご関係皆様には、アジアの友好と平和の為、活動を続けられそのご尽力に敬意を表します。私も2007年~2008年にかけて約1年間外務大臣政務官として世界各国を歴訪してまいりました。

日本は、昨年までGDPでは世界第2位という経済大国で国連への分担金も米国に次ぐものとなっています。しかしながら日本の国際貢献がなかなか国際社会に認知されていないのは残念です。

今こそ日本の外交と安全保障を戦略的に構築し国際社会の一員としてリーダーシップを発揮するべきだと考えています。

そうした中で私は、一昨年、世界各国の紛争後の平和構築などを担う国連機関や国際機関を創設し、本部を被爆地広島に誘致することを目指す超党派の国会議員による勉強会を立ち上げました。

核軍縮・拡散防止や食糧、気候変動などの問題も重要な課題として実現に取り組む国際機関や国際会議を世界唯一の被爆国である日本から被爆の惨禍を経験し復興と発展を成し遂げ、世界平和に向けたメッセージを発信するにふさわしいと考えたからです。

国際関係の機関もほとんどが国連本部のある米国ニューヨークやワシントン、スイスのジュネーブに集中していますが、世界の6割の人口を有するこのアジアのセンターとして日本そしてこの関西がイニシアチブを発揮し平和な国際社会を構築するのに寄与すべきです。

アジアの平和と繁栄なくして世界の平和と繁栄はない。

このチャリティが実り多きものとなりますよう心からお祈り申し上げます。


日本ユニセフ協会大阪支部 副会長 古野 喜政

ハイチ、続いてチリで大災害が発生しました。大災害はなぜ貧しい途上国でおこるのでしょうね。途上国では子どもが多い。ハイチの場合、人口の46%が子ども(18歳未満)です。災害、戦争の犠牲者は弱者、子どもと女性、老人です。ハイチ地震でユニセフ(国連児童基金)は緊急募金を行なっています。私たち大阪のユニセフ・ボランティアも2月と4月11日2度にわたって街頭募金をしました。

ハイチからの情報で驚かされるのは、被災者にとって緊急に必要なものは、地震発生直後と1ヶ月、2ヶ月経過してもまったく変わらないのです。それは「水」と「トイレ」です。もともとハイチでは、途上国の例にもれず、「安全な水」を手に入れることのできる人は半分しかいなかったそうです。水を欲しがる子どもたちの姿を想像するだけで支援の必要性を痛感します。

第9回目を迎えた「アジア歌謡祭」。今年のテーマは「安全な水を」です。途上国では3秒間に1人ずつ5歳未満児が死んでいきます。1年間に900万人を越えます。その原因の半分以上は安全な水が手に入らず、下痢を起し、さまざまな下痢性疾患で子どもたちは死んでいくのです。

下痢を起した子どもには経口補水塩(ORS)二袋を溶かせた水2Lを飲ませれば、とりもかく一命はとりとめます。ユニセフは世界中にORSを送っています。ORS二袋で12円。今、あなたが100円コイン一枚を募金してくださると8人の子どもが救われるのです。


在大阪‐神戸インド総領事館 総領事 ヴィカース・スワループ

私は第9回チャリティアジア歌謡祭が関西アジア人協会によって2010年4月18日に開催されることを知り大変喜ばしく思います。これは日本とアジア諸国の人々との理解と友好を深めようとする賞賛に値する事業です。音楽は国境を超えて理解しあえる世界共通語で、世界市民としての共有財産です。関西アジア人協会は、当初から子ども達を支援する人道的活動を継続され、特にユニセフの「安全な水を世界の子ども達に!

関西アジア人協会とその慈善活動を支持する皆様に心からの敬意を表しますとともに、第9回アジア歌謡祭の企画者達の努力が報われ成功裏に行われますことを願います。


在大阪インドネシア共和国総領事館 総領事 イブヌ ハディ

在大阪インドネシア共和国総領事館の代表として、第9回アジア歌謡祭が開催されますことをお祝い申し上げます。また、これまで関西アジア人協会の皆さまからユニセフを通じて行われた、アジア各地の子供たちに対して安全な水への供給をはじめとする様々な支援活動は大変素晴らしいものです。

私たちは世界各地の子供たちに安全な水を与える義務があります。今アジア各国における貧困問題をなくす時期が来ました。その問題を解決するのは容易ではありませんが、水資源をはじめ、自然環境を保護するのが私たちの責任です。私は皆様の協力と努力が、子供たちにとって大きな力になると思います。これまでの関西アジア人協会様の活躍は称賛に価します。

最後に、第9回アジア歌謡祭の成功を祈り日本とアジア各国の友好関係がより一層深まる事を期待いたします。


駐大阪大韓民国総領事館 韓国文化院長 金 鍾 浩

「第9回チャリティアジア歌謡祭」が世界の水事情に苦しむ子供たちの救済を標榜し、盛大に開催されますことを心よりお祝い申し上げます。

アジア10数カ国の出場者のもと、異なる言語や旋律、民族固有の衣装や踊り、歌唱力やパフォーマンスによる競演がアジアの平和と友好を願うメッセージとなり、華やかな歌の祭典として盛り上がることを期待しています。

本日の歌謡祭のご成功と貴協会の益々のご発展をお祈り申し上げ、これを機にアジアの人々が一つとなり、相互の理解と友情がより一層深まることを心より願っています。


中華人民共和国駐大阪総領事 鄭 祥林

この度、第9回を迎えるチャリティ「アジア歌謡祭」が盛大に開催されますことにあたり、中華人民共和国駐大阪総領事館を代表し、心からお祝い申し上げます。

水は生命の源。「アジア歌謡祭」が国際連合児童基金の「安全な水を世界の子どもたちに!」募金キャンペンの応援活動として毎年開催されますことは、誠に有意義なことであります。中国では、「飲水思源」(水を飲みて源を思う」、「水を飲むときには井戸を掘った人を忘れない」という諺がありますように、安全な水を求める世界中の子どもたちは、本日お集まりの方々のご好意を決して忘れられないでありましょう。この場を借りて、相馬達雄会長をはじめ関西アジア人協会の皆様や「アジア歌謡祭」の開催に向けご尽力されました関係者の皆様に深く敬意と感謝を表します。

第9回「アジア歌謡祭」のご成功を心より願い、貴会の今後より一層のご発展をお祈り申し上げ、お祝いのメッセージとさせていただきます。


大阪華僑総会 会長 蕭 臣 華

この度、第9回チャリティ「アジア歌謡祭」の開催にあたり、心よりお祝い申し上げます。

関西アジア人協会の相馬会長をはじめとする皆様方が、これまでユニセフのキャンペーン活動に多大なる貢献をされ、多くの子どもたちを支援されてこられたことに対しまして深く敬意を表します。

我々の住む日本では、いつでも安全な水を手にすることができます。しかしながら、世界中には衛生問題や紛争など様々な要因で汚れた水しか手にすることのできない子供たちが大勢います。この「アジア歌謡祭」を通じて一人でも多くのアジアのみならず世界中の子どもたちに『安全な水』が届けられるように期待しております。

今回の「アジア歌謡祭」がご盛会でありますよう祈念致しますと共に、本日お集まりの皆様方の益々のご健勝と貴会の益々のご発展を祈念申し上げます。


在日本大韓民国民団大阪府地方本部 団長 金 漢翊

アジアの平和と繁栄に寄与すべく、「チャリティーアジア歌謡祭」を開催される貴会の活動に敬意を表します。

今年は韓国併合から100年、節目の年を迎え、韓日の両国民が過去の歴史を正しく認識すると共に、韓国と日本の今後の100年を展望する視点が望まれます。

今、日本社会では永住外国人への地方参政権問題が話題になっていますが、日本社会の国際化や多民族・多文化共生社会の実現のために、地方参政権付与は不可欠なことであり、アジアの友好と平和にも大きく寄与するものと確信しています。

民団は、韓日両国の友好親善を積極的に推進し、韓国をルーツとする100万人を越える人々の心の拠り所となるべく、様々な活動に取り組んでいます。

ユニセフのキャンペーンに協力するなど、意義深い貴会の活動が益々充実し、アジア人の相互理解が深まることを願いつつ、皆様方のご健勝とご多幸を祈念いたします。